AX

ケアマネージャーの資格

ケアマネージャーの資格

ケアマネージャー(通称ケアマネ)は、ケアを必要とする人の希望や介護の必要な状態に合ったケアプランを作成する仕事です。
介護の問題が社会的にも大きく取り上げられるようになった昨今、ケアマネージャーの需要は年々高まっています。

 

ケアマネージャーの正式名称は介護支援専門員(かいごしえんせんもんいん)と言い、介護保険法において要支援・要介護認定を受けた人からの相談を受け、居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、他の介護サービス事業者との連絡、調整等を取りまとめます。
自治体や各介護施設との連絡や調整を行う役割を担う仕事です。

 

ケアマネージャーの受験資格は厳しく、、医療・福祉分野での資格※を所持している者で5年以上の実務経験が必要となるため、誰でも受験できるものではありません。

 

※(社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士(管理栄養士を含む。))を所持している者、
社会福祉主事任用資格、または、ホームヘルパー2級課程修了の資格を所持している者が、5年以上の実務経験を有すること。

 

資格または研修修了の資格を、1つも所持していない場合は、所定の福祉施設等での相談援助・介護等に従事した期間が10年以上あることが受験資格となっています。

 

近年は合格率が低下しており、試験内容も多岐に渡っているため、独学で目指すよりもスクールや通信講座を活用して効率よく勉強することをおススメします。
資格を取得するまでは険しい道のりですが、ケア付きの住宅や有料老人施設などはこれからもさらに増えていくものと考えられており、ケアマネージャーは非常に将来性のある仕事と言われています。

スポンサードリンク