AX

美容師の資格とは

美容師の資格とは

美容師は厚生労働省が認定する国家資格で、1990年代後半からの「カリスマ美容師」ブームによって人気が高くなった職業です。

 

美容師とは、カット・パーマ・セットなどヘアーメイク全般を担当する専門家のことをいい、ヘアケアを通じてお客様を美しくするプロフェッショナル。
人の髪を切ってお金をもらうには、美容師か理容師いずれかの資格が必要ということになります。

 

理容師は主に男性を対象としているのに対して、美容師は主に女性を対象としていますが、近年はその違いが薄れつつあるようです。
ユニセックスなヘアサロンが増加して、顔そりやヘッドスパ、ヘアエステなどを行うサロンなど、サロンの形態は多様化しており競争の厳しい業界です。

 

美容師は、ヘアーメイクだけでなく、メイクアップやネイルなどトータルや知識や技術を身につける必要があるため、常に流行の最先端を研究することが求められます。
また、接客業としてのマナーやコミュニケーションも重視されます。

 

美容師には受験資格があります。
大学に入学できる者(高卒者)が厚生労働大臣指定の短期大学や専門学校の美容師養成施設で、昼間・夜間2年以上、通信過程ならば3年以上在籍した人が対象になります。
試験は財団法人理容師美容師試験研修センターが行います。
国家試験に合格し晴れて美容師資格を取得すると、美容院への就職や独立開業への道も開けます。

スポンサードリンク