AX

FP ファイナンシャル・プランナー

FP ファイナンシャル・プランナー

ファイナンシャル・プランナー(Financial Planner 通称 FP エフピー)の仕事は、お客様の立場になって、資産運用や生活設計の提案をすることです。
実生活にも役立ち、活躍の道が多く用意され、比較的勉強しやすいことから、人気の資格です。

 

ファイナンシャル・プランナーが仕事の上で対象とするものは、不動産、保険、株などの金融商品。
金融商品は内容が複雑で理解しにくいことから、どれをどの程度選ぶのかが難しくなります。
そこでFPは、現状だけでなく将来も見据えた上で、ベストな提案をします。

 

FPには複数の資格があり、少々複雑ですが、現在は以下の資格を取得している人をファイナンシャル・プランナーと呼びます。
ファイナンシャルプランナー(FP)資格には、大きく3つの分類がありますが、いずれも非常に価値の高い資格と言えます。

 

ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)

 

2002年にスタートした国家資格で、まだ新しい資格ですが、金融のプロである証と言えます。
ファイナンシャル・プランニング技能検定に合格することで取得できます。
ファイナンシャル・プランニング技能士には1級技能士から3級技能士までの等級があります。

 

他に、2つの民間資格があります。

 

AFP (アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー = 日本FP協会認定普通資格)

 

とは日本FP協会が認定する民間資格で、「FP技能士2級」の資格も与えられます。

 

CFP

 

CFP BOARD(アメリカの民間団体 CFP資格認定委員会)と、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)が提携し導入した民間資格の国際ライセンスです。
「CFP」は試験通過だけでなく、独自の研修の修了などを経てはじめて資格取得となります。
米国及びFPSB加盟国・地域のCFP認定者と同等に評価され、日本国外でもCFPとして業務を行うことができます。

 

ファイナンシャルプランナーのお仕事は、顧客の収入、保険、投資、税金、学費などのデータから、資産の設計をすること。
経済不況により自己責任の志向が高まり、家計の見直しや資産運用を考える人が増えている今、頼られる資格であることは間違いありません。

 

実は、ファイナンシャルプランナーを名乗るためには、資格の必要はありません。
業務そのものは資格がなくても行うことができるのです。

 

しかし、資格を持つ人と持たない人では、その信頼に大きな差があることは間違いありません。
FPの需要は年々上がり、今ではそれだけで十分に職業となり得ます。
FPの資格は汎用性が高く、社労士、公認会計士、証券アナリストなど、数多くの職業に活かせます。
また、FPの資格は、転職や独立の際にも強力なアピール材料となります。

 

自分のために勉強するのもいいでしょう。

 

 

スポンサードリンク