AX

公的資格は断然就職に有利

公的資格は断然就職に有利

世の中にはさまざまな資格がありますが、大きく3種類に分類できます。

 

国家資格
公的資格
民間資格

 

「その資格を認定するのがどこの機関なのか?」を基準に分けられているのです。

 

難易度的には国家資格が一番難しく、その次が公的資格、そして最後に民間資格となりますが、
それぞれの資格の内容にもよりますので、必ずしも国家資格がすべて難しいというわけではありません。

 

国家資格は、法律に基づいて国が実施する試験(国家試験)などにより、文字通り国のお墨付きとなる資格です。
年齢の下限・上限による制限が多く、学歴による制限が課される場合もあります。

 

公的資格は、文部科学省や経済産業省などの官庁(またはその大臣)によって認定される資格のことです。
年齢や学歴などの制限のないものが多く、学生や子供、老若男女問わず取得できる資格が多くあります。

 

一般的によく知られる資格としては、

 

実用英語技能検定(英検)
日本漢字能力検定
簿記検定
秘書技能検定
手話通訳士

 

などがあり、いずれも就職の際に有利なようです。

 

スポンサードリンク