AX

宅建 宅地建物取引主任者

宅建 宅地建物取引主任者

宅建とは、宅地建物取引主任者の略称で、宅地建物の公正な取引が行われることを目的として創設された国家資格となります。
宅建は、数ある資格の中でも、もっともポピュラーなものの一つと言えるのではないでしょうか。

 

宅地建物取引業者(不動産業)を営むためには、業務に従事する者5人に対して1人の割合で宅地建物取引主任者を置くことが、法律によって義務付けられています。

 

宅地建物取引主任者の業務内容は、契約締結前に宅地建物取引業者の相手方、つまりお客様に対して、重要事項の説明を行うことや、重要事項説明書への記名押印、そして契約書への記名押印があります。

 

宅建は、国家資格試験の中で最大規模の資格試験で、受験者数はこの数年間毎年20万人程度となっています。

 

年齢・性別・学歴等の制限は一切ないため、高校生などの学生でも取得できます。

 

合格率はここ10年15%〜17%くらいで、毎回、合格率に対応した合格点が設定されるようです。
問題が難しい年は合格点が低くなり、やさしい年は高くなります。

スポンサードリンク

宅建 宅地建物取引主任者 関連ページ

不動産の資格とは