AX

エネルギー管理士 省エネ エコの国家資格

エネルギー管理士 省エネ エコの国家資格

エネルギー管理士とは、省エネルギーのプロフェッショナルになれる国家資格です。
エネルギー管理士の役割は、その名の通り「エネルギー使用の際の合理化」や「省エネルギー化」を推進すること。

 

製造業、鉱業、電気供給業、ガス供給業、熱供給業の5業種は、エネルギーの使用量に応じて新制度のエネルギー管理士の免状の交付を受けている人のうちから、1人ないし4人のエネルギー管理者を置くことが義務付けられています。

 

これらの工場では、家庭で消費する量とは比較にならないほど膨大な電気や石油を使用します。
エネルギー自給率が低い我が国では、こういった工場などでのエネルギー使用をいかに合理化出来るかが重要となってきています。

 

エネルギー管理士試験は、一般財団法人省エネルギーセンター(経済産業大臣が指定した試験機関です。)が毎年8月に行っています。
エネルギー管理士の受験資格には特に制限は設けられていませんので、どなたでも受験することができます。
ただし免状の交付を受けるためには、国家試験のエネルギー管理士試験に合格するほかに、1年以上の実務経験や研修の受講が必要となります。

 

また、大規模オフィスビル、デパートなどには、国が指定した機関(指定講習機関)の実施する「エネルギー管理員講習」を修了した者又は「エネルギー管理士」の免状取得者のなかから「エネルギー管理員」を選任することが義務づけられています。

 

選任義務のある職種であることから、就職や転職など採用の際も有利になります。
現在かなり注目されている資格の1つで、受験者も有資格者もまだそれほど多くないので、狙い目の資格といえるでしょう。

スポンサードリンク

エネルギー管理士 省エネ エコの国家資格 関連ページ

エコ検定 eco検定
環境に関する資格