AX

就職・転職・キャリアアップに役立つ資格から趣味の資格まで

IT・コンピューター系の資格に人気が集中

人気を集めるIT・コンピューター系の資格 活かすのは自分次第

 

IT・コンピューター系資格を取り巻く環境はどうなっているのでしょうか。

 

実際に評価されやすい資格としては

 

基本情報技術者
情報処理技術者
プロジェクトマネージャ(PMP)

 

といった国家資格が挙げられます。

 

これらはIT・コンピューター系のどのような職種においても評価が高く、どこでも通用するものと言えます。

 

IT・コンピューター系の資格を取る将来像としては、プログラマー、システム・エンジニア、ネットワーク管理者、webデザイナー、事務系などさまざまなものが考えられます。
いずれも資格取得者が急増していることから、国家資格以外のベンダー資格においても、より難易度の高い資格が望まれる傾向にあります。
かつてIT系の保有資格としてトップだった「初級システムアドミニストレーター」は、平成21年度に廃止となりました。

 

最も重要なのは、IT系に限った話ではありませんが、資格をどう活かすのかということです。
自分の置かれた環境や、将来像を描けなければ、せっかくの資格も宝の持ち腐れとなってしまうでしょう。
「将来、何かの役に立ちそう」「なんとなくよさそう」といった漠然とした動機でなく、何のためにその資格を取得するのか、を明確にすることが重要です。
それぞれの内容と特徴を理解し、自分の将来像に合った資格を選びましょう。

 

 

スポンサードリンク

IT・コンピューター系の資格に人気が集中 関連ページ

社員研修にも使われる インターネットの資格